なかなかです、

DSC_0687.JPG


本を読むのが面白くて、ネットで中古本買ったりしているのだけれど、おー、と感心するほど読みごたえがあったのが、「半グレ」フィクションとはとても思えなくて、一気読みができた。その道を経験しているのでは、、、だからこれだけの主人公がかけるのでは、と思ってしまう。嘘っぽさが皆無だった。もし想像と取材だけで書いているとしたら、相当に才能がある人だ。私はこの作家はヤクも経験しているのでは、と思ったりする。
以前、本屋で立ち読みしていて引き込まれて買った本があった。ある小さな賞を取った女性なのだが、K大学の医学部を主席で卒業し、開業した内科医の夫は、捕まりはしないものの薬物依存症で、その内容がリアル過ぎて引き込まれ、私は彼女宛に出版社に感想の手紙を書いた。
すると、会いたい、という返事が来て私たちは東京の外れで会った。彼女は小説は一冊書いたきりだった。聞くとやはり小説は事実だった。それ以上に驚いたのは彼女はひとり、ひと間しかない日の当たらないアパートで暮らしていたことだ。「病院は取り立て屋に取られたの」薬物のせい、、、と思ったが、そうではなく、薬物の過剰摂取で医者の旦那は亡くなったが、世間知らずの秀才息子は社会人になると、お金を借りまくって使い、人にも毎日のようにおごり、あっという間に1億以上借金は膨れたのだそう。
で、家は取られ、借金は残り夜逃げしてひっそりひとり暮らしているのだと言う。
家族四人で暮らしていた頃の話を聞くと、お札がカメの中にたくさん入っていて、子供たちは自由にカメから札を取り出して使ったりみんなに奢ったりしていたのだそう。

長男は、僕の家はカメからお金が沸いてくると思っていた、と大人になっても本気で言ったのだそう。聞けば聞くほど、家族と距離を取って、有名どこの大学を卒業し、事務所を開いている次男以外、浮世離れし過ぎている。彼女の家族は性格はみんないい。でもなんだかへんだ。薬物依存性の夫を尊敬している彼女は、「だって医者としての彼の腕は最高ですもの。看護婦たちもみんな慕ってました」昼は弁当など持参せず、「鰻でもなんでも看護婦たちの好きなものをご馳走してあげたのよ」ってやさしい少女のように言う彼女に私は頷きながら、幸せな家族なのかもしれない、と思ったのでした。その後も何度か彼女に会ったけれど、豪邸から日の当たらないアパートで暮らしても、いつもにこにこしていて、私はこの人に会えてよかったな、と思ったのでした。


半グレの作者にも会ってみたい。


作る

DSC_0673.JPG


料理作りが面倒に思わなくなった。面白がって作っている。いつもササッと作っていたのに、時間をかけることがもったいと思わなくなったのだ。掃除もよくするようになったし、草取りまで嫌じゃなくなった。どうしちゃったんだ自分。このままちゃんとした人間になるのだろうか。
きっかけは多分新聞のある欄を読んだからだ。専門家や政治家の意見ではなく、仕事がなくなり、貯金も底をつきあと一月暮らせるかどうかわからない、と語っている人たちの様子だった。真に困っていると語っている人たちは誰を非難するわけでもなく、もっとも人らしい心があるように思えた。
コロナの件では、様々な発見があった。何年も暮らせる余裕がありながら、仕事が中断して大変だ、政府が悪いと年中ラインや電話してくる女性には辟易した。会いたくねー、と思った。大切に思ってる人たちはみんな「生きていたらいろいろあるさ。終息するまでの我慢」とかわりなかった。なるべくしてなった気がする、と言った人もいた。人間は自分たちのために自然を破壊して、温暖化をもたらし動物たちの居場所も奪った、その結果だと。同じ事をイギリスの生物学者も訴えていた。
人間は諸悪の根元、と言ったのは誰だっけ。


品のいいお店

DSC_0645.JPG


去年オープンした品のあるお店に先週から行くようになった。
大通りに位置するのに、このご時世だからお昼時でも客がいない。いつも私ひとり。カレーを食べる。チキンカレーが七百円で美味しい。言葉使いも丁寧で品のいい夫婦が経営している。こんなに客が居なくて経営していけるのだろうか、、、と心配になるが、二人ともいつもにこにこと変わらずに幸せそうだ。資産家なのか、人間性なのか。

カレーを食べたあとは、珈琲を頼んでゆっくり本を読む。今日は坂口安吾の短編。
あちこちの店がクローズになって、コンセント付の店を探すのが難しくなってきた。すると逆に私の創作意欲が増す。なんなんだろう。家だと発想力が発揮できないから、ひたすらコンセントを探して車を走らせる。優しいレストランもあってママがコンセント付の部屋に案内してくれる。そのレストランは安くて美味しいので、昼も夜も五十人ぐらいの客で大にぎわいだったが、今では土曜日でも客は10人ほどだという。7人いる従業員に給料を払うことも大変なのじゃないか、、、と思う。


友人たちも、会社から人と接触しないように言われていると、お茶はしない。
で、ひとり人のいないレストランに行って本を読む。時には図書館の広い駐車場に車を止めて、車の中で本を読む。なんだか贅沢してる気分になって、元気が出てくる。



馬里邑れいの本

馬里邑れいのオフィシャルブログ。馬里邑れいのプロフィールと日記、馬里邑れいによるオリジナル小説の投稿など。

profile


書いた記事数:408
最後に更新した日:2020/06/30

selected entries

categories

archives

recent comment

search this site.

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

others

mobile

qrcode