アンジー病院に行く

DSC_0047.JPG


夜になって、アンジーの様子がおかしくなった。動かなくなったのだ。撫でても虚ろな目だ。どこか痛そうだ。動物病院に連れて行きたくても、夜の10時では診察してくれない。
次の日、私は東京に行かなければならない。動物病院の開院時間の9時に行こう。けど、心配で1時に布団に入っても、何度もアンジーの様子を見に起きてしまう。ぐったりしている、、。どうしよう、、。アンジーが元気になりますように、と線香をたいて祈ってみた。で、朝の9時に動物病院に連れて行った。もう何頭も犬がいた。アンジーはぶるぶる震えている。他の犬は静かにしていたり吠えていたり、1番大きな犬に反応して飛びかかろうとしたり様々だ。アンジーはお尻の動脈が切れたそうで注射をされた。で、家に帰るなりすっかり元気になって走り回り餌もペロリと食べあげた。よかった。
安心して電車に乗って東京に行けた。


マリオ

DSC_0037.JPG


打ち合わせが終わってブラブラしていると、さすが東京、マリオが30台ぐらい走ってきた。写真を撮る人も多く、手を振ったり愛想抜群のマリオだった。
それにしても連休の東京は人が多すぎだ。スロットで遊ぶ気にもなれずとっとと帰ってきた。


DSC_0030.JPG


雨や曇りで見えない日を除いて、なんとなく毎晩月を眺めてしまう。
きれいだなあ、と思う。
百人一首に、月見れば千々に物こそ悲しけれ、我が身ひとつの秋にはあらねど。なんてあったね。別に月見ても悲しくはならないけど。酔っちゃてるんだろうね。短歌を詠むとき。私も高校生のとき、「一人見る 異郷の空の月明かり 我いづことて 君 忘らるる」なんて恋人もいないくせに作ったし、「叱られて 夜風に吹かれ あてもなく さ迷い歩く 真っ白き道」なんて中学の時に作って地方の新聞で入賞している。恥ずかしい。よくもこんな嘘が詠めたものだ。
あー仕事が進まない。こういう自分は困る。時間を遊びに使おうとする。仕事だからと断らずに遊びに乗る。で、楽しくて遊び呆けて困った、、締め切りが、、と青ざめる。今はビリャード、ゴルフ、ボーリング、ダーツ、競艇、麻雀、と凝っているから休みがない。というか、仕事するための時間がない、、。



馬里邑れいの本

馬里邑れいのオフィシャルブログ。馬里邑れいのプロフィールと日記、馬里邑れいによるオリジナル小説の投稿など。

profile


書いた記事数:323
最後に更新した日:2018/07/15

selected entries

categories

archives

recent comment

search this site.

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

others

mobile

qrcode