幸せな日

DSC_0517.JPG


近くのフリーマーケットに行ってみた。
まあまあの賑わいだ。うん?洋服やぬいぐるみ、おもちゃ、日用品が多い中で、時計だけが並んでる店があった。えっ、ほとんど500円だ。しかも、(すべて電池交換してあります)と書いてある。バッグにぶら下げている時計を交換しよう。
元時計屋さんだったのだろうか、時計は千個ぐらいある。高いのでも3000円ぐらい。すぐに決まった。で、もうひとつ値段のついてない文字盤のきれいな時計を見ていると「それも500円でいいよ」と言ってくれた。
こんなに素敵な時計を安く買えるなんて、知り合いにも勧めてあげたいと、「店とかあるんですか」と聞くと、「私は地元じゃないんだよ」と遠方の場所を言った。「月1のフリーマーケットには時々来てるから、また見にきなよ」とおじさんは言った。
他の客は「まけてよ」と2800円の時計を1000円も下げさせていた。おじさんはちょっと悲しそうな顔をしていた。なんだか気になって、客が帰ったあと「おじさん、私がいままでバッグにぶら下げていた時計あげるよ」と言うと、「そんないい時計もらっていいのかい」と喜んでくれ、「じゃ、代わりにこれあげるよ」とキーホルダーの時計をくれたのでした。
「はい、それじゃまた、」と挨拶してその場を離れた。
あまりにも気のいいおじさんに会えて、今日1日、温かい気持ちでいられそう、と思ったのでした。


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

馬里邑れいの本

馬里邑れいのオフィシャルブログ。馬里邑れいのプロフィールと日記、馬里邑れいによるオリジナル小説の投稿など。

profile


書いた記事数:383
最後に更新した日:2020/01/26

selected entries

categories

archives

recent comment

search this site.

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

others

mobile

qrcode