不思議な1日

DSC_0455.JPG


今日は童話大賞の表彰式。10時半に余裕で出発した筈なのに信号がことごとく赤。でも会場に5分前に着いたから、無事、と思いきや、広い駐車場は満車で駐車できない。
焦りながら、やっと違反ギリギリのラインを見つけて駐車。会場に1分前に入れた。
「前にどうぞ」と案内されて「はい、」と壇上に行こうとしたら、「違います、こちらです」壇上から見て一番前の席を案内された。恥ずかしい。で、壇上の席は外務大臣、参議院議員、元県議、の来賓席だった。もちろん外務大臣はSP付で写真もダメだそう。三メートルの至近距離で外務大臣を見ていられて不思議な気分だった。テレビで見るより元気で和やかだ。15分ぐらいの挨拶の後、公務があるので、と席を立ったが一番前の席だったので、50センチの距離で小さくお辞儀して会場を出て行った。外野の評価より全然いい人に見えた。表彰される学生、その父兄と、合わせて100人以上来ていたと思うが、みんな笑顔だった。アメリカから帰ったばかりの忙しすぎる外務大臣がここに来てくれるのだもの、びっくりだ。主催者の社長の交友の広さがよくわかる。一応審査員だから私も寸評など3分ぐらい話して、最後にクラシックライブが40分あった。
無事終了の後、カツ丼をご馳走になり、その場の話の流れからスタッフの親友が入院している病院へお供することに。初めてシーマに乗った。広い。静だ。こんな車があるんだね。
退屈してたらしく病人とは思えないハシャギようだった。「ところでどこが悪いのですか」と聞くと、「肝臓」と笑いながら言った。病人って案外元気なんだね。


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

馬里邑れいの本

馬里邑れいのオフィシャルブログ。馬里邑れいのプロフィールと日記、馬里邑れいによるオリジナル小説の投稿など。

profile


書いた記事数:371
最後に更新した日:2019/10/22

selected entries

categories

archives

recent comment

search this site.

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

others

mobile

qrcode