人って面白い

houses_by_the_sea.jpg


そう言うわけで、嫌がるFちゃんを説得し、Yさん、私と3人で食事したのであります。洒落たレストランは祭日なので混んでいました。で、15分ぐらい待って席に着きました。その間Yさんはひとりでしゃべっていました。Fちゃんはムッとしたままでした。
Y「先生は変わってないわね。Fちゃんは変わったわね」
私「そうですか、」
F「、、、」ムスッとしたまま無言。
Y「私、もう長いことダンスを習っていて、仕事とダンス、家事、庭の手入れとすごく大変なの」(以前と同じ品のいい話し方だ)
そのあとも全てに力を抜かずにやることがいかに大変か延々としゃべる。するとFちゃんが、
「本当に大変な人は大変を連呼などしない。黙ってる」とピシャリと言ったのだ。ワッ、、Yさん傷ついたのでは、、とドキッとしたがにこやかにこうかわした。
Y「そうね、そう言うひともいるかも知れないけど、私は本当に大変なの。ギリギリまで頑張ってしまうの」とどこふく風でにこやかに返す。
私「私とまるで反対なのですね。私はいかに手を抜くかです。大切な時のためにエネルギーを取っておかないと、」Fちゃんはこくりと頷いたが、Yさんは柔らかな口調で手抜きがいかに自分を堕落させているかまくし立てた。
私「で、Yさんはどんな時に幸せにを感じるのですか?」
Y「ダンスのレッスンを受けているとき。大会よりもレッスンが好きなの」けれどもその世界は上に行くためにドロドロしたし烈な戦いがあるのだと言う。またひとり舞台で話始める。そんな話はFちゃんと私にはまったく興味がないことなどまるで考えない。だめだこりゃ。FちゃんとYさんの仲直りは無理だ。
Y「で、先生はどんな時に幸せを感じるの?」(おおっ、質問したぞ)
私「仕事しようとパソコン持って貸部屋に行ったけど、駐車場で眠くなってちょっとのつもりで車の中で眠ったら二時間も眠りこけてしまった時」なんか得した気持ちになるのだ。けどYさんは、
Y「そんなの私なら無駄って思うわ!」と返した。そんな風に言われても私は別に何とも思わなかったが、Fちゃんが反論した。
F「無駄?じゃないでしょ。自分の体が休みを欲しているのだから。休みを取った後の方が仕事にも集中できるでしょ」その意見は当確のような気がするが、
Y「もったいない時間だわ。私30分あったら動きまわる。二時間も無駄寝なんかしない」私はあらら、なんとまあ、と笑いたくなったが、Fちゃんは駄目だった。
F「だったら忙し過ぎるだの大変だの辛いだのと、愚痴ばっかり言うんじゃないよ」と怖い顔でいい放ったのだ。こりゃもうお終いだーと、心臓がブルッとした。
Y「愚痴じゃないわよ。私を知ってもらいたくて。だってすごい久しぶりに会ったのだもの」とキツイ目になったところで、
F「変わってないね」でFちゃんは席を立ち、エンドでした。YさんとFちゃんはもう二度と会うことはないな、、。
帰りはなぜか居眠り運転しそうになった。家に着いてすぐFちゃんからラインがきた。
「疲れたでしょ。よーく話聞いてあげてたものね。あなたは優しいんだね。感心したよ」って、疲れもしたけど発見もあって面白いひと時だった。Yさん、変わってねえな、、と笑えたし、Fちゃんバシッと言ってカッコいい!と見直しちゃたよ。私はビシッと言うことはできない。うまい返しが寸時に見つからない。こういう場面ではトロイのだ。


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

馬里邑れいの本

馬里邑れいのオフィシャルブログ。馬里邑れいのプロフィールと日記、馬里邑れいによるオリジナル小説の投稿など。

profile


書いた記事数:334
最後に更新した日:2018/10/16

selected entries

categories

archives

recent comment

search this site.

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

others

mobile

qrcode