泣いた日

DSC_1020.JPG


エミリーが帰る前日の深夜に二人でおむすびを作った。「最後の夜だからは朝まで話しましょう」と、ハンバーグを焼いて、アップルパイも作って、二人で深夜の晩餐会をした。
日本のおみやげを色々あげると、エミリーも手紙つきのプレゼントをくれた。手紙には「本当にありがとうございました。この5ヶ月間のりゅう学はめちゃ楽しかった。おんせん、上野動物園、お好み焼きなどは本当に気に入ったのでありがとう。チャンスがあったら、オーストラリアに来てみてください。メールをよく送ってね。」(原文のまま)
漢字もこんなに使えてる、、、。この手紙を読んでもう泣けてしまい、エミリーもつられて泣いた。
次の日、駅まで送り、電車がホームに入ると、かなり泣けてしまった。エミリーはなかなか電車に乗らないので私がキャリーバックを持ち上げて乗せた。重い、、、。で、最後のバグをして手をふった。
ところで、私へのプレゼントは7種類もの顔パックだった。笑ってしまった。パックする柄じゃないけど、ま、頑張りましょう。


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

馬里邑れいの本

馬里邑れいのオフィシャルブログ。馬里邑れいのプロフィールと日記、馬里邑れいによるオリジナル小説の投稿など。

profile


書いた記事数:336
最後に更新した日:2018/11/11

selected entries

categories

archives

recent comment

search this site.

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

others

mobile

qrcode