祭りだけれど、風邪ひいた

15112361267220.jpg


年に一度の恵比寿祭りがあった。
私は余り興味がないのだが、毎年Kちゃんに誘われて行く。彼女は五千円で家内安全と無病息災を願ってもらう。お払いを受けている間、私は違うことを考えている。競艇いきてー、とか。で、いつものコンピューター手相占いをする。
「あなたは、人生の深淵を探ろうとする精神が人よりも旺盛な性格。愛情面でも常に情熱的に真実を求めてゆくタイプ」アドバイスは、「あなたは鋭い直観力のため自己過信に陥る危険性があり注意。生まれもったあなたの温かさと優しさで人に接し、他人のいうことに耳を傾ければ運気大きく変化し、まれにみる幸せを獲得する」そっかー、競艇の事など考えず、直観力に走らずに人類愛に燃えろと言うわけね。うーん、難しいが、まれにみる幸せのためならば。と気をよくして屋台を見て回りリンゴ飴やたこ焼きを買い、ラーメンを食べた。「まだ時間あるからパチ行こう、」とKちゃんがいうので、寄る。と、十分もしないうちにEちゃんから電話が入った。「何してるの!早く迎えに来て。恵比寿祭りに行きたいから」えっ…ええっ…私、断った筈だ。毎年Kちゃんと行くことになっているから、ごめんと。

「だって、私一緒に行く人いないんだもの!」と勝手なことをいう。誰かと行って…私二度も行くのはやだ…さみいし…と本心を言ったのだが相手は引き下がらない。「じゃ、私はどうすればいいの!」と彼女は叫んだ。えっ、ええっ! なんだそりゃあ、と思ったところで、通じない。これが女の人の性格だ。私は押しに負ける。男の人の押しには頑として応じないが、女の人には負ける。筋道がなく喚くので、面倒になって折れることになる。

私の車は別の場所に置いてある。KちゃんはAKBが出ている。帰ろうとは言えない。それにまた、恵比寿祭りに行くとも言えない。ばかじゃね、と言われるだろう。仕方なく、「私スロットでないから。帰るね、大丈夫、ひとりで散歩しながら私の車んとこまで行くよ」と言ってさよならする。車まで歩いてゆうに20分はかかる。外は寒みぃー。とぼとぼ歩きながら、これは現実ではなく夢…と思いこませて黙々と歩く。

で車にたどりつき、そのままEちゃんを迎えに行き、また恵比寿祭りに行ったのでした。

夜は更け、11時になり、風邪をひいてしまったのです。今年一番の寒い夜でしたから。

 


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

馬里邑れいの本

馬里邑れいのオフィシャルブログ。馬里邑れいのプロフィールと日記、馬里邑れいによるオリジナル小説の投稿など。

profile


書いた記事数:316
最後に更新した日:2018/05/17

selected entries

categories

archives

recent comment

search this site.

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

others

mobile

qrcode