電話いろいろ

15018207921410.jpg

 
昨日は、種々な電話がきた。
最初は叔母から。明るい内容の電話でありますように、と祈りながらでると、いつものように愚痴だった。3年ぐらい前から伯母の電話は愚痴に変わった。私が大好きだった伯母のおおらかな性格はどこかにいってしまった。でも、今回は電話を切った後で、ふと思った。そういえば、相方の伯父さんが亡くなって間もなく、以前の大らかな叔母ではなくなった気がする。頼り切っていたから、どうしていいかわからずに日常を過ごしているのかもしれない。病気もせずに元気なのだから、以前のように澄んでいておおらかな叔母に戻ってほしいが、当分無理なのだろうか。

30分もしないうちに又電話が入った。
「まりむらさん、本読みました」今月発売になる見本本をあげた女性だ。
「とても感動して泣いてしまいました」と電話でも泣いている。筆力を誉められたようで嬉しい。
1時間後に来た電話の主は、「まりむらさん、本ありがとう」とこちらは号泣している。私が1年半インタビューを続けて書いた「感動は人生の成功を呼ぶ」の神谷さんは確かに類をみない凄い人だ。何もかも抜きん出ている。苦労も、スポーツも、談合の世界も、交通事故も、保証人になっての二千万の借金も 。しかも一部上場企業の副社長も務めている。
50回ほどインタビューしても次から次とエピソードが出て来て楽しくて仕方なかった。多くの人に読んでもらいたい本だ。
最後は8時半頃に、元気かな?と電話があった。こちらはたわいのない話だったが、肩も凝らずに談笑できて、楽しかった。

写真はうちのぶどう棚の中に作られたスズメバチの巣。朝起きるとブンブン飛んでいて怖いので業者さんに来てもらい駆除してもらった。中にいた女王蜂も見せてもらったけど、倍大きかった。業者さんは写真ブックも持っていて、「これはスズメバチの様々な種類、そしてこれは私が刺されたときの写真、」と腫れ上がって目が見えなくなっている写真を見せてくれた。

KOされたプロボクサーみたいだった。


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

馬里邑れいの本

馬里邑れいのオフィシャルブログ。馬里邑れいのプロフィールと日記、馬里邑れいによるオリジナル小説の投稿など。

profile


書いた記事数:332
最後に更新した日:2018/09/20

selected entries

categories

archives

recent comment

search this site.

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

others

mobile

qrcode