母とバトル

14916280849280.jpg


酒買ってこいと、母が煩い。条件を出した筈だ。「アンジーに自分のおやつをあげなければ、アンジーの体重が減るから。二百グラム減ったら、すぐお酒は買ってくるから」と何度言っても、おやつをあげ、アンジーの体重は減らない。
「私にもう酒を飲ませない気だ!」と、怒り狂うので、何度も同じことを言う私だ。
「簡単なことだよ。アンジーに、たったの3日、自分のおやつと酒のツマミをあげなければいいのだから」と言っても「わかった」などと言わない。「私に酒を飲ませたくないのだ!」と叫ぶ。
「お金あるのだから、一人でスーパーに行ってくればいい」と言っても、「あんたの車に乗ってなら行く」と勝手だ。それなら私が一人で買いにいくほうが早い。何度、交換条件を説明しても、わかりましたがない。

けど、まったくアルコールを飲んでないわけじゃない。作り置きの梅酒は毎晩飲んでいる。けれどもそれでは物足りないのだ。母にとって日本酒以外はつまみみたいなものなのだ。

今回は私も母に屈しないつもりだ。アンジー、自力で少し痩せられないかい、、、。


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

馬里邑れいの本

馬里邑れいのオフィシャルブログ。馬里邑れいのプロフィールと日記、馬里邑れいによるオリジナル小説の投稿など。

profile


書いた記事数:323
最後に更新した日:2018/07/15

selected entries

categories

archives

recent comment

search this site.

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

others

mobile

qrcode