ヒヨドリ

14906920325380.jpg


もうふた月も一羽のヒヨドリが来ている。
キュウイフルーツの枝に来る。かなり前から、スズメが来ていたのて小鳥のエサをレンガの上に置いてあげていたら、ヒヨドリも一羽だけ毎日来るようになった。スズメより体が大きいのでお米やフルーツもあげている。最初は警戒していたけれど今では大声で、お早よう!と呼びかけてもじっとエサを待っている。
毎日一羽で来るのが頼もしい。ざあざあ降りの雨の 日にも来た。さすがのスズメもこの日は来なかったというのに。
どういう生い立ちのヒヨドリなのかちょっと知りたい。仲間とはぐれて一羽なのか、孤独が好きなのか、それとも失恋したのか振ったのか。ヒヨドリにも物語はあるはずだ。写真の凛々しい姿を見ていると、あるにきまってるだろ、とクールに夕闇を見ているように思う。


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

馬里邑れいの本

馬里邑れいのオフィシャルブログ。馬里邑れいのプロフィールと日記、馬里邑れいによるオリジナル小説の投稿など。

profile


書いた記事数:329
最後に更新した日:2018/08/19

selected entries

categories

archives

recent comment

search this site.

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

others

mobile

qrcode