先生

DSC_0048.JPG


お世話になった地元の大学の元学長が亡くなられた。東大できょうべんを執ったこともあり、優しくて素晴らしい先生だった。私みたいなバカを可愛がってくれ、鶴竜のいる井筒部屋の千秋楽打ち上げにも連れて行ってもらった。ちゃんこ鍋がすごく美味しかった。
浅草の屋形船では元中野学校出身の人たちにも会わせて下さった。いつも平で優しい先生だった。去年神谷バーで飲食したのが最後になった。
7月にお別れ会が開かれるのだけれど、その前に10人ぐらいで神谷バーでさよなら会があった。先生は神谷バーが大好きだったので。

しめっぽい空気にはならずに、みなさん笑顔で笑いが絶えなかったから、先生も天国で笑っていらしゃるだろう。

先生より年配の元教授が一人いて、会の名前は「神谷バーYの会」となった。


初めての横須賀

DSC_0055.JPG


仕事で横須賀に行った。
初めての横須賀。品川駅で出版社の女社長が待っていてくれた。やはりおっちょこちょいの私が心配なのだろう。どこに行ってしまうのか、横須賀に着いても待ち合わせ場所に一人でたどり着けるのか、本人の私にもわからない。その性格を知ってもらえて助かる。前の日には時間と場所の確認の電話が入る。一度、打ち合わせの日時をすっかり忘れていて、「今、どこ?」「家です」「えー!新橋で11時に打ち合わせの日でしょ!」「ど、どうしよう、すっかり忘れていました、、今から飛んで行きます、、」「皆さんそれまで待ってられないわ」「は、はい、では社長だけでも待っていてください、、」「しょうがないわね」ということで、私は特急電車に乗り、二時間後に新橋に着いた。すると、全員が待っていてくれ、身が縮む思いだった。
今日は無事横須賀に着いた。駅から出ると海軍らしき人達がいて、横須賀らしい雰囲気でした。


アンジー病院に行く

DSC_0047.JPG


夜になって、アンジーの様子がおかしくなった。動かなくなったのだ。撫でても虚ろな目だ。どこか痛そうだ。動物病院に連れて行きたくても、夜の10時では診察してくれない。
次の日、私は東京に行かなければならない。動物病院の開院時間の9時に行こう。けど、心配で1時に布団に入っても、何度もアンジーの様子を見に起きてしまう。ぐったりしている、、。どうしよう、、。アンジーが元気になりますように、と線香をたいて祈ってみた。で、朝の9時に動物病院に連れて行った。もう何頭も犬がいた。アンジーはぶるぶる震えている。他の犬は静かにしていたり吠えていたり、1番大きな犬に反応して飛びかかろうとしたり様々だ。アンジーはお尻の動脈が切れたそうで注射をされた。で、家に帰るなりすっかり元気になって走り回り餌もペロリと食べあげた。よかった。
安心して電車に乗って東京に行けた。



馬里邑れいの本

馬里邑れいのオフィシャルブログ。馬里邑れいのプロフィールと日記、馬里邑れいによるオリジナル小説の投稿など。

profile


書いた記事数:316
最後に更新した日:2018/05/17

selected entries

categories

archives

recent comment

search this site.

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

others

mobile

qrcode