ピアニスト

lighthouse_wpo.jpg


「打ち合わせの前に私の手料理食べに来て」とFちゃんからラインがきた。
電話やラインは月2ぐらいでくるけれど、もう10年ぐらい会っていないFちゃんだ。Fちゃんは私より10才以上年下で、彼女とは渋谷の気功教室で知り合った。彼女は大学を卒業すると結婚式場やクラブでピアノを弾いていた。知り合って3年後に彼女はアフリカのレストランに勤めると旅立った。アフリカに3年いた後、タイに渡り、そこで2年暮らすと日本に戻ってきた。

戻って間もなく、彼女は心を痛めて入院してしまった。躁鬱病なのだという。病院からも手紙をくれた。しばらく入退院を繰り返していたけれど、ここ3年は通院で大丈夫になったそう。犬を飼ってから劇的によくなったと言う。
電車を乗り継いで二時間、彼女の住むアパートに着いた。変わっていない。話をしていてもよく笑うし美人のままだ。
テーブルに並んだ料理がすごい。具だくさんの春雨サラダ。ポテトサラダ。唐揚げ。ピーマンと春菊に鰹節をかけたお浸し。卵焼き。ジャコ、梅、しそ、ミョウガ入りの混ぜご飯。食後のデザートは柿、キュウイ、ミカン。もう大満足。
「れいさん、私ね」と彼女は犬をなでながら、急にしんみりとなり、「私ね、3年前に半年間あぶりやってたの」そう言った。「そうなんだ」とフツーに答えたら、「さすがれいさんだね。少しも驚かない」と笑顔になった。そりゃ今でもあぶりしてるなら、止めるけど3年前のことなら時効かな。
「私ね、犬飼ってから変わったよ。このこのために健康にならなきゃ、って思うようになったの」って。
よかった。
帰るとき、彼女はピアノを弾いてくれた。軽やかな曲にうっとりした。


映画

one_way_wpo.jpg


マチネの終わりに、を観てきた。
うーん、福山雅治が可哀想。役柄あってねー。2度逢った女性に、しかも喫茶店で珈琲を飲みながら、「貴女がどこかで死んだら、僕もすぐ死にます、」って真面目に言うか。言うのならもっと狂気をもったアーティストに設定しなきゃ。しかも彼女が婚約者と別れてフランスから福山に逢うために日本に来たというのに、マネージャーの単純な策略に引っ掛かって、死にますと宣言したはずの彼女と話しあうことも逢うこともなくお別れ。で4年経ってそれぞれ結婚して子供もいて。しかも彼女は別れた元カレと結婚。仲は険悪。なんで戻れるの。彼女、図々しくないかい。別な人と結婚するならともかく。しかも最後に福山と彼女はまたフランスで偶然出会って、今度こそ離れないって目をしてハッピーエンドって、何なんだよ。コメディか、って思っちゃった。
死ぬほど好きなんて嘘っぱちじゃん、って突っ込みどころ満載の映画でした。
福山が大好きなだけにびっくりな内容だったな。
福山が台所でマネジャーの策略だったと知って、ひとり苦しくて叫び続け、グラスを割るところだけは納得できた激しさだったけど、すぐ飛行機でフランスに飛ぶのかと思い気や、4か月も経ってから行くのだよ。情熱ねー。


チェンジしてほしい

 


私がインタビューして書いている方の講演があったので、聴きに行くことになった。もう一人講師がいて、その人はとても有名なY氏だ。コメンテーターとしてテレビにも出ている。新幹線の駅入口で3人は会った。迎えの車が来ていて、そのまま会場でランチを頂く。食べ方を見ていたらY氏は美味しそうに食べていた。私が一番早く食べ終わったのは、朝食に味噌汁とゆで卵しか食べなかったから。別の喫茶室で珈琲タイムの時に私の本、「身代金」をY氏にあげた。ただのバカじゃないです、なんとか仕事してます、と心の中で訴える私だ。でもY氏は肩書きを忘れるほど、穏やかな人だ。珈琲タイムの談笑が楽しくて3人とも会場入りが遅れた。(私は1番前でただ聞くだけなのだけど)
Y氏は2時間、K氏は1時間半、会場で講演した。
その内容の迫力あることあること。二人ともすごい。
Y氏の脱原発は納得がいく内容だった。どれだけ危険か、太陽光の方が安いのに原子力を使用するのはすべて金、人が拝金主義を捨てない限り危険は無くならない。あってもあっても欲しくなる金は諸悪の根元、と力説した。物々交換から人は欲がでたのだそう。大昔は野菜が取れたら当たり前のようにわけてあげる、魚が取れてもわけてあげる、そうした損得勘定のない暮らしが人間を穏やかに人間らしくする、といい切っていた。プラトンから経済学者、スポーツとあらゆる分野の話ができて、みな聞き入っていた。大きくはない頭の形だが、知識の宝庫という感じだ。朝まで生テレビでの筋の通った論破も頷ける。
で、夕方の酒席で「私の頭と交換しませんか。重さがない、というのもなかなか味があるし、たまには楽ですよ、」と言ったら、すごく笑っていた。

やっぱり交換はいやなんだね。



馬里邑れいの本

馬里邑れいのオフィシャルブログ。馬里邑れいのプロフィールと日記、馬里邑れいによるオリジナル小説の投稿など。

profile


書いた記事数:375
最後に更新した日:2019/11/24

selected entries

categories

archives

recent comment

search this site.

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

others

mobile

qrcode