竹鶴

DSC_0810.JPG


今日は、大切な人の誕生日なので、花束を持って自宅にお邪魔した。
その人は2年前に亡くなったので、お母さんと思い出話をする。聡明なお母さは、私があの子の母でよかったのだろうか、といまだに苦悔の日々なのだという。お母さんは、比較する女性がいないぐらい高い人間性を備えている。話すたびに頷けるし、時間をともにできることが嬉しい。繊細だが細かいことにはこだわらないし、優しさにみちている。Tさんのお母さんであることがよくわかる。
帰り際、「あの子だと思って飾ってください」と竹鶴の17年ものを下さった。「あの子、ウイスキーが大好きだったから、これなら喜ぶかな、と思って供えたの」そう言った。
なんか高価そう、、、と思って調べたら、三万もするんだね。どこに飾ったらいいのか、本気で心配している。母が狙っているからだ。母は日本酒、ビール、の次にウイスキーが好きだ。いくら隠しても探しだして飲まれそうだ。これだけは、断じて開けてもらいたくない。飾ってください、と頂いたものなのだ。


いくら説明しても、酒に関して母は馬耳東風だから心配でしょうがない。


花火

DSC_0795.JPG


今日は花火大会の日だった。
浴衣を着て、晴れやかに審査員席に座っていたのになー。50万人も観光客が来て、臨時の電車も出て賑わうのに。なんだか悲しいな。
大勢の人が集合できるのは、いつになったら解禁になるのだろう。
アンジー(飼い犬)はどこふく風でのんびりしている。見習いたいよ。私は花火に感動することも出来なくて、胸が痛い。


写真の安くて美味しいお店も、今は客がまばらだ。あれだけ混んでいたのに、、、。ママさんも元気がない。食後、必ず珈琲か紅茶をサービスしてくれる店だから、週に一度はその店にひとりで行く。海鮮丼が美味しい。


来年は、花火ありだよ、神さま。
もはや神頼みだ。


いろいろな名言

DSC_0792.JPG


本屋で立ち読みしていたら、面白そうなのがあったので買った。
「笑いとは、地球でもっとも苦しんでいる動物が発明したものである」ニーチェ
「瞬間の命を生きればよろしい。すばらしい瞬間がいくらでもある」チャップリン
「幸福人とは、過去の自分の生涯から満足だけを記憶している人々であり、不幸人とは、それの反対を記憶している人々である」萩原朔太郎
「人間を不安にするものは事物にあらず、事物についての意見なり」エピクテトス
「真の幸福はどこにも定着しない。探すとどこにも見つからないが、いたるところに存する。金ではけっして買えないが、いつでも手に入れられる」ポープ
「私は理想を捨てません。どんなことがあっても、人は本当に素晴らしい心
を持っていると、今も信じているからです」アンネ.フランク
「ろうそくは自分自身で輝くから、どんな大きなダイヤよりも美しい」マイケル.ファラデー
 

私には名言がないなー。

大切な言葉は、「賭ける、永遠、絶対、」だものなあー 中学から今も、、、



馬里邑れいの本

馬里邑れいのオフィシャルブログ。馬里邑れいのプロフィールと日記、馬里邑れいによるオリジナル小説の投稿など。

profile


書いた記事数:414
最後に更新した日:2020/08/05

selected entries

categories

archives

recent comment

search this site.

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

others

mobile

qrcode